(事業の目的)

生活の悩みや、経済的な困りごとを抱えた方が、生活保護に陥る手前の段階で早期に自立できるように、支援員が寄り添いながら一人ひとりに合った支援を行うものです。

(対象者)

小矢部市に住居する方で、経済・就労・家庭問題・日常生活などでお困りの方。

例えば…

・生活費がない、負債の返済ができない、など経済的に困っている。

・働きたいが、なかなかみつからない。またはすぐに辞めてしまい、職場を転々としている。

・家族に引きこもっている人がいて心配。

・一人ぼっちで孤独。

・どこに相談すればいいのかわからない。など

生活保護を受けている方は対象外です。

(事業の内容)

抱えている困りごとをお聴きし、一人ひとりの状況に応じた支援計画を作成します。それに基づき、関係機関へお繋ぎしたり、支援員が同行支援を行います。相談は無料で、ご相談内容については秘密を厳守します。

☆関係機関とは?

ハローワーク、弁護士・法テラス、病院、行政の窓口、企業(ボランティア、職場体験)、社会福祉法人・NPO、地域住民、民生委員・児童委員などのことを言います。

これら関係機関と連携して、住み慣れた地域で安心して暮らせるよういろいろな支援を行います。支援員はそれに同行し、サポートします。

(支援の流れ)

一緒に相談に乗ります。

窓口にて抱えている困りごとを伺います。ご自宅への訪問、電話での相談もお受けします。

一緒に問題の整理をします。

問題を解きほぐし、一緒に解決策を見つけます。関係機関の支援が適している場合は、支援員が同行し手続きがスムーズに進むようお手伝いします。

一緒に計画を立てます。

話し合って生活を立て直すための到達目標を決めます。その目標を達成するための計画を一緒に立てます。

一緒に取り組みます。

到達目標に向かって、計画が実行できるよう関係機関と連携しサポートします。定期的に状況を把握し、必要に応じて調整を行います。

目標達成後も一定期間の見守りをします。